ホーム > 活動 > 結婚ビザの恐怖

結婚ビザの恐怖

配偶者ビザを取るときに失敗してしまった体験談です。配偶者ビザの申請において最も重要なポイントは配偶者であるということです。ここで述べられている配偶者の範囲というものが民法などの示すものよりもとても狭くなっています。偽装結婚を避けるために、単に結婚していればよいというものではないようです。そのため、私が失敗してしまった点は、一時的に仕事の都合などの都合で別居していたために偽装であると思われたようです。結婚ビザ


タグ :

関連記事

  1. 結婚ビザの恐怖

    配偶者ビザを取るときに失敗してしまった体験談です。配偶者ビザの申請において最も重...

  2. 語学留学で知り合った彼の配偶者ビザ申請

    私は、イギリスに語学留学をしていました。その時、同じ大学にいたイタリア人の彼と付...

  3. テスト

    テスト記事です。...